皮脂の作用とシャクヤクについて

素肌からは皮脂や汗などが分泌されますが、これらの効力は素肌を保護する目的で分泌されている結果、過剰に洗浄してしまうとせっかく保護して得るはずの皮脂まで取ってしまい、肌荒れの原因になります。
しかしながら、そのままにしておいては皮脂が固まり毛孔を詰まらせて肌荒れの原因になります。
美しい肌を保つ為のスキンケアとしては、表皮を洗浄し清潔に保つことによって余計な皮脂や汗を取り、毛孔のつまりを予防します。
また、古くなった角質層を洗い落とす効果があり、表皮の生まれ変わりを促進させる効果があります。
但し、洗い流し過ぎてしまうと角質層だけでなく更に奥深くの素肌を傷つけてしまうことがあり、肌の乾きを招いたり、表皮の生まれ変わりが行われなくなってしまい、逆に肌荒れを起こす場合もあるので、洗い過ぎには注意が必要です。
良い方法としては、朝夕のシャンプー、メイクをしている場合は夜のスキンケアの際にメイクを落とすことによって、メイク中においてあるアロマオイルや油などを洗い流す結果、肌荒れの排除になります。
この際にあまり表皮をごしごし擦ってしまうと表皮に負担が掛かるので、なでるように汚れを落とし、水若しくはぬるま湯でしっかりと落とします。
シャクヤクはエッジ科の多年草で、樹木のエッジとは違っている。
エッジによく似た大型の花を初夏に咲かせますが、冬場は地上に出ている部分が枯れてしまい、休眠します。
シャクヤクは漢方では有名な生薬。
その効力は消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれんなどだ。
その為、葛根湯や芍薬甘草湯、当帰芍薬散などの漢方薬に使用されている。
その花の美しさから昔から女性の美しさに例えられることが多いシャクヤク。
育て方はこんな感じです。
気温が上がると根が弱って成長が悪くなる結果、日当たりで水はけのよいロケーションを選んで植えましょう。
庭木の下などの、葉には日光がよく触るロケーションが最適です。
うまくいけば分厚い根がはって葉が凄まじくのびるので残りは十分に確保して植えるようにしましょう。
シャクヤクの種は一般には出回っていないので、自分で育ててとれた種をまた植えます。
種をひとから貰って植えたとして3ヶ月ほどで花が咲くでしょう。
苗で貰った場合や買った場合は、9月から10月が植え付けの年となります。
新芽が複数ついているのを選び、根についた古めかしいものを綺麗に落とすと病害虫の予防になりますから、忘れないようにください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です