アミラーゼとラクターゼ

ヒトは食べた物をそのまま吸収する事は出来ず、実際には食べた物を咀嚼して細くし、さらに消化してから吸収してその栄養素をカラダの各部分に運んでいる。

消化に扱う消化酵素と言い、何を分解する時に作用するかによって通じる酵素の種類が変わります。

デンプンを消化する時にはたらく酵素がアミラーゼだ。

デンプンは糖が結びついた物だ。
たとえば白ごはんを食べたとき、口に入れた時では全く味わいがちがい、咀嚼するとより甘味を感じるようになっています。

これは口内においてあるデンプンが糖に分解された事によって甘味を感じているのです。

アミラーゼは膵臓や唾液腺から分泌されており、カラダに入ったデンプンを糖に分解して吸収しやすく行う。

通常は殆どが唾液や膵液の中で、血中濃度は殆ど高くなる事はまず有りません。

但し唾液腺や膵臓になんらかの疾患がある場合は、アミラーゼ濃度が高くなる場合があります。

検診では血中のアミラーゼの濃度を見つけ、その数によって疾患の有無を判断している。

またアミラーゼは膵臓由来のPと、唾液腺由来のSに分かれてあり、どちらの血中濃度がおおきいかを測定する事で、膵臓、唾液腺のどちらに疾患が起きているかを判断する事も可能です。

ラクターゼは、乳糖(ラクトース)を分解してる酵素のことです。

ラクトースは多糖分といういわば細い糖のグループで、これをグルコースとガラクトースに細く分解してもらえる。

母乳を飲むと腹部がゴロゴロ始めるヒトがいると思いますが、これは腸内にラクターゼが少ないかまったくないことが原因です。

こういう、ラクターゼが腸内に数少ないせいでラクトースが分解できないことを乳糖不耐症と呼びます。

残念ながら国内には乳糖不耐症のヒトが圧倒的に多いです。

では、母乳を飲んで腹部のテンポが悪くなることは刷新できないのでしょうか。

乳糖不耐症の多くは後天的な製品なので、改善することも可能です。

代表的なのは、乳酸菌を積極的に摂るというものです。

母乳では下痢をするけれどチーズやヨーグルトなら問題なし、というヒトがほとんどです。

これは乳酸菌によりラクトースがある程度分解されているからだ。

つまり、腸内に常に乳酸菌が存在している状態にすれば、ラクターゼがなくともラクトースを分解することができるのです。

しかしヨーグルトやチーズを食べて直ちに効果が出るということはなく、長く継続していく必要があります。

でも乳製品などで改善できるなら手軽。

母乳による下痢を改善したいおこさまは試してみてはいかがでしょうか。

アミラーゼとラクターゼ」への1件のフィードバック

  1. […] アミラーゼ 西新井という足立区六町のファミリア整骨院では、災厄の死者に多い鞭打ちの実態略称にも力を入れていらっしゃる。運動季節の異常と違い、災厄では、まったく無防備なときのときに不意に機械的な手強い拍子抜けが要る数値、悪化し易く、治り辛い状態があります。身辺運動をまったくしていなくてマイナスに遭う場合もあるので、運動季節の異常と等級には扱えません。異常へのフレキシビリティや完治気持ちが備わっていないこともある数値、長引き易いものです。そういったことも踏まえ、災厄マイナスに遭う前の状況に戻すべく、触診によって手緩い見立にていきます。まずは原材料を特定することが大事です。筋肉や心実態の怪我は、フィルムに思えることはむしろマイナーだ。痛苦や不定愁訴がある以来、必ず原因はあり、それを根本的に直すことを目指します。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です